2011-09-27 05:29 | カテゴリ:メイプルつれづれ

ひさしぶりにメイプルストーリーの記事なんですけど・・・

このブログは一時期メイプルブログだったんです。

現在も気が向いたらメイプルというゲームはやっています。


で、タイトルなんですけど・・・

いつの間にかメイプルプレイヤーの質が落ちたなぁ

と思います。

それはですね。


昔はメイプルってもっと涙するものだった


と思うんですよ。

悲しくて涙したり

うれしくて涙したり

冗談抜きに怒ったり


そんな感じのゲームでした。

自分がメイプルストーリーを長くやったのは

そういう人が多くて、それは結局

厨とか、痛い人とか他から見ればそうなるんですけど

そんな感じの人が自分からしたら好きだし

魅力的に映っていたから自分はプレイしていたんです。


でも、いまのメイプルストーリーは

軽い笑い

ぐらいしかないのでは?とかおもっちゃいます。

まぁゲームというものはそういうものです。


たかがゲームに、涙したり、怒ったりするほうがおかしい物だと思います。

でも、いまではメイプルストーリーは

お金みたいなものがうずまいてしまって

なんかうすーい感情がうずまくゲームとなりました。


今でも

メイプルストーリーは私にとっては単なるゲームではない

という人がいるのかもしれませんが・・・

昔はもっと多かった気がしますし

もっと青春っぽい感じがあった気がします。


自分はただ歳をとっただけで

他の人からしたら

「消えろよ。じじい」

みたいな感じなんでしょうけど

メイプルストーリーがたかがゲームではなかった人

と絡んだときは楽しかったです。


今ではほとんどいないんじゃないかなぁ。

いや、探せばいるんでしょうけどね。


人間ドラマがなくなったような気がします。

軽い笑いにあふれているような・・・

なーんか重みがなくなっちゃいましたね。

それは多くの人からしたらいいのかもしれません。

でも、昔のことを思い出すと、昔は楽しかったなぁ

なんてことを思ったりもするんですよねぇ。


昔はリアルを犠牲にしてでも

メイプルをやる価値はあると思っていた人がいると思いますが

いまでは、リアルを犠牲にしてまでメイプルをやる価値もないというか

リアルマネーがほしいから、メイプルをやる

みたいな感じになっちゃっていますからね。


昔はなんていうの?

リアルがちょっとおろそかでも、メイプルをやるだけの価値があったというか

そういうような人がいるだけのゲームだったと思います。


でも、いまは・・・

メイプルというゲームが、リアルを犠牲にしてまで

やる価値のあるものだとも思えません。



いや、それが普通なんです。

ゲームなんていうものはそういった軽いものなんです。


でもなぁ。

昔からメイプルストーリーをやっている人はそう思いませんか?

メイプルストーリーへの思い

みたいなものが、ずいぶん軽くなってしまったから

メイプルブログみたいなものもいくらがんばっても

手ごたえがないといえばいいでしょうか^^;


自分のメイプルブログはよく

考察系とか、いいたいことをいっているだけ

とかいわれていましたが

メイプルの人間性というの?

そういうところに特化したブログでした。

少なくとも自分はそういった感じのブログにしていたんですよ。


見る人からしたら、嫌な気持ちにさせるブログだったかもしれませんが

それは、嫌な気持ちにしたいというよりも

重く考えるような気持ちといえばいいかなぁ

そういうのを考えたブログでした。

自分が一部の女性プレイヤーにウケたのは

そこに特化したからだと思っています。


まぁこういうような

昔はメイプルってもっと涙するものだったんだよ

と自分がいっても、多くの人は「はぁ」とか

「でたよ古参の思い出話が」みたいな軽いノリなんでしょうけど^^;


自分はそんな感じのメイプルプレイヤーが好きでした。

もちろん、今の軽いノリのメイプルプレイヤーが嫌いというわけでもありません。

そして、重いノリのメイプルプレイヤーのほうが変です。


でも、自分がメイプルストーリーにはまったのは

そういった重い感じの人がいたからであって

そういった人に自分も感化されたから

このブログはあったみたいな感じなので・・・


でも、いまはメイプルストーリーをやっても

軽い笑いしかでてこないでしょ?

楽しくゲームできているんだからいいじゃん

という人もいるでしょう。そのとおりだと思います。


でも、自分からしたらメイプルストーリーがそんなゲームでは

物足りないんです。

もちろんそんな人がいたとしても

メイプルストーリーというゲーム自体ぜんぜんやっていないので

出会うこともないんでしょうけど・・・

今が普通であって、昔が異常だったのかもしれませんね。

そういう人にもう一度会いたいと思ってしまうのは

昔の自分が恵まれすぎだったのかもしれません。


と、ひさしぶりのメイプル記事でした。

にしても、本当にメイプルストーリーって

軽い笑いにあふれたゲームになりましたよねぇ^^;

いや、いいことなんですけどね。


そんな感じで、たまにメイプル記事でも書きます。

青汁についていろいろ書くほうがいまは楽しかったりするので・・・

いや、冗談抜きに!

いっぱいの青汁

メイプル総回診RSSに登録されていなかったら

まちがいなくメイプル記事なんて書いていませんから!

だって、書いたところで誰も読まないというか

自分がメイプル記事を書いたということもだれもわかりませんからねぇ。




2011-09-25 01:36 | カテゴリ:青汁つれづれ

青汁の画像撮影が苦手なんです。

いまさらなんですけど

ペットボトル撮影とかないよなぁ

いっぱいの青汁

とか思ったりしているんですが

どうも自分にはあまりこういった撮影みたいなものはうまくないというか

あまりこだわらないタイプなんですが

この青汁というものはとにかく撮影がむずかしいです。


他のものだと結構うまくとれるんですけどね。

ヤクルト

・・・そんなにうまくもないか^^;


ただ、この青汁というのは色が緑だからなのか

とにかく撮影が難しいです。

で、いろいろと青汁の画像があるブログとかをみて研究したら

底が浅い、横に広いコップみたいなものが

いい感じでうつっているように見えたので

そういったコップがほしいなって思っているんですが

めんどくさいんで、ペットボトルに詰め込もうと思っています。


いや、画像撮影するときは、せめてコップを使おうと思いました。

緑効青汁2

でもどうなんだろ?

青汁ってペットボトルで飲むものだと思います。

決しておしゃれなコップみたいなもので飲むものではないと思うんですよ!


だから、ペットボトルで青汁をつくって

それを撮影するというのは間違いではないと思うんです。

でも、見栄えが悪いんだよなぁ・・・とか思ったんですけど

結構ペットボトルにいれた青汁の画像にも愛着がでてきました。



2011-09-24 03:10 | カテゴリ:青汁つれづれ

体にいい飲み物ってなんでしょうか?

美皇潤のドリンクとかでしょうかね。

肝油も体にいいっていいますけど、癖が強そうです。


飲み物で体にいいものはいろいろあると思いますけど

その一番トップのものを考えるとやや難しいですよね。

緑効青汁2

美皇潤とか値段が高いだけじゃないの?

とか思うんですけど、女性には人気がありそうです。


青汁というものは、粉末タイプだったり液体タイプだったりするので

水でつくったり、牛乳でつくったりしますから

結局はそういったもので、栄養バランスも変わってくると思うんです。

コーヒーなんかもそうですね。

自分でひいた豆で入れたコーヒーのほうがいいみたいなことを聞きますよね。

ちょっとたとえが違うかな^^;


でも、青汁というのは体にいいものでしょう。

青汁が体にいいのか悪いのかといったら

体にいい飲み物としか思えません。

それは青汁嫌いの人でも、味が苦手なのであって

青汁が健康にいいというのは認めるところなのではないでしょうか。


でも、これがコーヒーとかになるとどうでしょう。

コーヒーになると、飲みすぎは体に悪いといわれていますし

コーヒーの飲みすぎで太ったなんてことも聞かれます。

コーヒー


ヤクルトみたいな乳酸菌飲料も甘いですから

いくら乳酸菌が体の中で善玉菌を増やすといっても

飲みすぎると体に悪いでしょう。

ヤクルト


そう考えるとやっぱり青汁が体にいい飲み物なんじゃないかと思います。

もちろん、青汁の粉末にもピンからキリまでありそうな気はするんですけどね。


体にいい飲み物を考えてみると

体にいい飲み物は沢山ありそうで、思った以上に少ないです。

体にいいといわれている飲み物ならジュースでもそうでしょう。

CCレモンなんかはビタミンCが入っていて、体にいいと考えられますけど

CCレモンというジュースが体にいいと思えますか?

あれはなんだかんだでジュースですよね。

飲みすぎると糖分の取りすぎで、体を崩すでしょう。


そう考えると、絶対に体にいい飲み物というものは限られてくると思います。

体にいいといわれているから、なんどもなんども飲んでいると

体調を崩す飲み物もあると思いますから、気をつけるべきだと思いますよ。

青汁であっても、野菜不足を補う飲み物であって過信するのは危険でしょう。


どんな飲み物も限度というものがあると思います。

結局自分の体の健康を支えるのは、食べ物や飲み物ではなく

自分自身の意識なんですよねぇ。

そう考えると、いまあなたが飲んでいる飲み物も

体にいい飲み物になのかどうかは

あなたがどのようにその飲み物を飲んでいるのか

そういったもので変わってくるのかもしれませんね。