2012-06-26 16:07 | カテゴリ:その他もろもろ

3dsで気になっているゲームとして

カルドセプトとカルチョビットがあります。

あぁ、あとニューマリオ2だっけ?あれも買うかも。


で、迷っていたカルドセプトですけど

買わないことにしました

理由としては、カルドセプトをやりこんだ経験があるからです。

カルドセプトに思い入れがあるだけ、マンネリしそうなので

買うのをやめました。


というかほんと

カルドセプトって変わらないなぁ

と思います。

変わらないってことはいいことだと思いますけど

新作がでたところで新鮮味がないので、たぶんすぐ飽きるでしょうから

カルドセプトはスルーすることにしました。

なんかいつもと違ったシステムがあるのなら購入したんでしょうけど

すれ違いとかもないようなので、やめました。

1プレイに時間もかかりますしね。

3DSという携帯機なのに、いまだに手札は全員に見えるシステムだったのも

少し驚きました。


で、カルチョビットはまぁサカつくのパクリなんでしょうけど

カルチョビット自体はプレイしたことがないので購入しようと思います。

ただ予約特典とか特にないらしいので

別に急いで買う必要もないかな・・・

とは思っています。


ニュースーパーマリオは2P同時プレイがあるということで

甥っ子が買うなら買うかな。

まぁ間違いなく甥っ子買うでしょうから、一応買っておきます。


でも、マリオカートもパルテナも

甥っ子も持っているんですけど

自分的にはぜんぜんやる気になれなかったからなぁ。


話をもどして任天堂3dsって冗談抜きに

ゲームなれしていない人にとっては歓喜

なラインナップだと思います。

カルドセプトは神ゲーだと自分でも思っていますからねぇ。

いやー、ドリームキャストのカルドセプトから

もう10年ぐらいたつわけで

ほとんど変わっていないシステム

とか、冗談抜きに開発者ってなにやっていたんだろう?

まぁいいものは別にいろいろいじらなくてもいいんですけど

なんていうか、変わるのを恐れているというか

それでいいのかな?とは思います。


ま、変わるのを恐れているのは

開発者だけではなく、日本人(プレイヤー)も同じって感じですよね。

シリーズものは売れても、新規タイトルは買わない人が多いこと多いこと。

たしかに新規タイトルものって、粗が目立つというか

不安になったりしますよね。




どうにかしろ




自分はカルドセプト大好きですよ。

で、カルドセプトは良ゲーだと思っています。

でもさぁ、なんか違うんですよ。


カルドセプトびいきな人間ではない

んですよ。

ただのゲームファンです。

ゲームファンでカルドセプトはよくできていたと認めているわけです。


だから、マリオとかドラクエとかも

昔の作品は評価していますけど

いまではマリオもドラクエもマンネリしていると思います。

だから、あまりプレイしたくはならなかったりします。


なんていうか、マリオもドラクエも第1作目からは

もう20年ぐらいたっているわけでしょ?

もうちょっと進歩できなかったのかな?

と思いますね。

いや、マリオもドラクエも良ゲーだと思いますけど

マリオファンとか、ドラクエファンは優しすぎ

でしょ。


マリオと名前がついていたり、ドラクエとか名前がついているから買うとか

そういうのでいいと思うんですけど

飽きないのかな?

とは思います。

いやー、まぁゲームをそんな長年プレイしている人なんていないでしょうから

そりゃー、5年未満のゲーム歴なら

そのタイトルのファンになって

タイトルで購入するって人は多いかぁ。


でも、マリオは変わらなくていいと思うんです。

マリオはゲームをはじめてプレイする人向きのゲームですから・・・

でもドラクエは変わらなくちゃいけないと思います。

なんでドラクエがそこまで評価されたのかはよくわかりませんが

ドラクエ10はオンラインとなり

たしかに変わったといえば変わったのでしょうけど

んなもん、どんなクソゲーも大勢でやれば楽しいわ!


ゲームなんていうものは

大勢でやったり、お金がかかっていたりすれば

どんなものでも夢中になれるものです。


お金がかかっていれば、じゃんけんだって白熱しますからね。

だから、ギャンブル要素があったり

大勢でプレイできたりする要素があるというのは

ゲームのおもしろさうんぬんではない気がするんだけどなぁ。


長くなりましたけど、カルチョビットと

ニュースーパーマリオの発売日が近いので困っています。

いやー、お金がないわけではないんですけど

ソフトを買って

「やらなくちゃいけない」

って思うのは好きじゃないんですよね。



2012-06-25 16:34 | カテゴリ:青汁つれづれ

アートネイチャーが青汁販売ということで

まぁ髪を気にする層は、年配者が多いから

そういう層なら青汁を買ってくれるんじゃないの?

って感じで販売しはじめたんでしょうけど・・・


いくらなんでもあからさまじゃない!?


青汁販売というのは、メーカー側からしたら

それなりに利益がでるものなんでしょうね。

たしかに、いろいろとお金がかかるでしょうけど

ある程度売れたのなら黒字が見込めるのでしょう。

ヤクルト青汁3箱

そりゃー、ヤクルトも青汁をいろいろ種類だして販売するわけですよ。


こういうまったく健康食品というか

青汁みたいなものと無関係のメーカーが参入してくるのをみると

青汁は今後もブームになるというか・・・


安い青汁としてダイショーの青汁がありますけど

いまなら安さをウリにした青汁をだせば

青汁業界のトップを走れる


と思うんですけど・・・まぁメーカー側は儲けたいですよね。

ダイショー2種類


アートネイチャーの青汁がいいのかわるいのかはわかりませんが

今後はまったく関係ない業界のところが

青汁を販売しはじめるケースも増えてくるかもしれませんね。


でも、結局売れなかったら赤字になると思うんだけどなぁ。

別にアートネイチャーの青汁だからといって

髪の毛がふさふさになったりするわけでもありませんし・・・。




どうにかしろ




【青汁一覧はこちら】

青汁




青汁ってダイショーの青汁が4袋で105円で販売しているように

安く販売しようとおもえば、1杯25円ぐらいで売れるのでしょうね。

それがほとんどのメーカーが1杯100円ぐらいの価格でだしているわけで

そりゃー、メーカー側は儲かるわぁ。


でも、そういうことをやっていたら

いつか適正価格で青汁を販売するようなところがでてきたら

そのメーカーにすべてのシェアを持っていかれるというか・・・


うーん。でも青汁ってやっぱり年配層が買うわけで

テレビショッピングの青汁とかみたら

その青汁を注文しちゃうんでしょうねぇ。



2012-06-24 01:52 | カテゴリ:通販生活つれづれ

今回はアマゾンレビューやら楽天市場のみんなのレビューやら

@コスメの口コミなんかを考えてみようと思います。

青箱




・アマゾン

いい意味でも悪い意味でも活気にあふれているアマゾンレビュー。

ゲームや本などになると書き込みが多いが

食べ物や衣料品になると、レビュー数がぐっと減るのがほほえましい。


アマゾンレビューを書く人は

結構長めに書く人が多く

1,2行ぐらいのレビューだと論外とされているところは

レビューの質が高いといえるのかもしれません。


前評判が高いものほど、悪い口コミが多くなりやすかったり

どうも2ちゃんやネット右翼なんかと親しい関係にある?

そのせいで自分が好きな商品なんかが評価が悪いと

なんだかんだでがっかりするのが悲しいですね。


花王のアタックなんかの評価がひどいのは

そういったネット右翼の存在とかしらない人にとっては

かなり心配になったりするのではないでしょうか。

自分家でもアタックつかっているんですよねぇ^^;

花王アタック・アマゾンレビュー




・楽天市場

かなり甘く評価をつける人が多く

基本普通のラインは★4が妥当になる印象。

そのため楽天市場で評価が3.5を下回ってくると

ちょっと心配になってくる。

3.7ぐらいでも少し気になるところがある。


イメージ的には情弱な人が多いというか

ネット通販を楽しんでいる人が多い印象で

素直に喜ぶ人が多いような気がします。


楽天市場のレビューはその商品だけではなく

そのショップの対応も含まれているわけで

そういう点ではアマゾンと違って

通販モールといえばいいでしょうか

いろいろなショップが入っているところですから

その商品自体ではなく、購入動作の一連といえばいいでしょうか

そういうものの評価になっているので、通販を利用する人にとっては

なかなか役にたつものが多いです。

発送が遅かったから評価が★1なんてものも結構ありますしね。


ショップ側が口コミを書いたら送料無料とかにしているところもあり

レビューの質はやや薄いが、数で勝負といったところでしょうか。

多いものではレビュー数1万を超えているものがあるのは圧巻。

スカルプD口コミ




・@コスメ

化粧品メーカーになると、この@コスメの口コミが

売り上げを左右することになるので

なかなか影響力があるサイト。

デオナチュレ@コスメ殿堂入り

自社商品に@コスメで評判がいいことを

アピールするシールを貼っているものもありますしね。


自然と女性の口コミが多くなるが

レビューをみていると結構甘めな人が多いが

気に入らなかったら容赦ない人も多い。


女性の口コミが多いので、華があるというか

そこまで専門的知識のレビューではなく

ほんとうに感じたことを書いていたりするので

ほほえましかったりするが・・・


影響されやすいのか、評判がいいものは評価のいい口コミが多く

評判が悪めの商品になると、口コミも悪いものが多い傾向があるような…。

@コスメのメリットシャンプーブラシ口コミ




いまではステマなんていわれたりして

こういった口コミサイトがあーだこーだいわれていますが

アマゾン以外はなんとかなっている感じがあります。

アマゾンはまぁ・・・子供の遊び場みたいにもなっちゃっていますからね。


でもこういったレビューを書くのを趣味にしている人がいるのは

おもしろいと思っています。

それゆえにアマゾンレビューなんかはひどい感じなんでしょうけど。


自分は基本この3つのサイトの口コミをよくみますし

他には価格.comなんかの口コミというか

レビューみたいなものもよくみます。


こういった口コミみたいなものは

自分が興味を持つきっかけになるというか

みようによっては

ステマに釣られている消費者

みたいになっちゃっているんですけど

別にステマでもなんでもいいんですよ。

自分が興味を持てたのなら。


自分が実際につかってみて

いい商品だったのなら、いいと思えばいいし

悪い商品だったのなら、その怒りみたいなものを

こういったブログとかに書くことができますからね。


そりゃー、よくわからないレビューは役にたてませんけど

こういった口コミサイトにいまでもどんどんと口コミが増えていっているというのは

ネットが飽きない理由というか・・・

口コミを見ているだけでも楽しいというかな。

人間評判になっているものを試すというのは楽しいですよね。




買い物




ものを買うって純粋に楽しいですよ。

自分がいままでなんとも思わずにつかってきたものも

こういったサイトで口コミをチェックすることによって

愛着がわいたりするかもしれませんね。