2014-10-21 00:09 | カテゴリ:漫画・アニメ感想

映画のアフロ田中をみました。



スピリッツではエース的な漫画だったアフロ田中で

映画化されるというのもスピリッツで目にしていましたが

実際に見るのはテレビ放送されたものをトルネで録画して

やっとさっき気が向いて見終えました。


感想としては

アフロ田中がうるさいというか気合いが入りすぎ

だと思うんですけど。

田中ってもっとテンションが低い感じだと思うのですが

かなりテンションが高いというか、声が大きすぎな気がします。


あと、結婚式のスピーチも原作と変えた気がします。

なんかくさい映画で、アフロ田中をしらない人にとってはこれでいいのかもしれませんが

アフロ田中ってこういう大げさな感じのことはないというか

なんかちょっとずれていたように感じます。


これはこれでいいんですけど、それならアフロ田中でなくてもいいというか

男の友情物語なんて、映画にできやしないから

アフロ田中というタイトルを借りたのかもしれませんが

まぁそれでもどうかと思ったりもしました。

田中がモテるために衣装をかえたときも

一番の注目は靴がとがりすぎていたことだったはずでしたが

映画の中では、特にふれられてもいなかった気がしますし。


ただ、中盤ぐらいまではおもしろかったのですが

結婚式あたりから、すっごくつまらなかったというか

スピーチがあまりにもぐだぐだというか、つまらなかったです。

田中はこういう熱い男ではなかったような…。


とまぁそんな感じで、アフロ田中というのは

スピリッツで前のほうに掲載されていたのも過大評価というか

そういうところを感じましたし

そもそもアフロ田中っておもしろかったときって

高校をやめたときあたりだった気がしないでもないです。


その当時は、立ち読みでスピリッツを読んでいましたが

田中が高校を簡単にやめたのはびっくりしました。

まぁそのときから、田中は学校での生活ではなくて

日常生活でのいろいろを描いた漫画でしたけど

高校アフロ田中でしたっけ?そんなタイトルでしたからね。

そんな田中が高校をやめたのには驚きました。


まぁ漫画は独特な世界観があって、それがおもしろかったと思うので

アフロ田中はよつばと!以上に、こういう実写化というか

漫画以外でいろいろやるのは難しかった気がします。


漫画でも、ほとんどのコマが、なんともいえないような表情が多いというか

そんななんともいえないような表情からの

うわー!

と、すごい驚いた顔みたいなギャップがおもしろかったりした漫画でしたからね。


でも、この映画のアフロ田中は終盤はつまらなくて記憶がないのですが

中盤までは普通にみれる映画だったと思います。

いや、ほんと終盤がどうなったのかみていたはずなのに

さっぱり記憶に残っていないので怖いです。

田中はふられてキックをくらっていたのですが

そのふられた理由あたりが記憶にないというか

序盤では「田中が気になる」みたいなことを仕事仲間にその女性は言っていたはずなんだけどなぁ。




2014-10-18 20:31 | カテゴリ:メイプルつれづれ

メイプルストーリーの思い出の続きです。

前回の記事はこちら。

メイプルストーリーの思い出1 基本無料ゲームというのがすごかった


インターネットが家にない時代とまではいかないまでも

インターネットをやっていない家もある時代でした。


で、自分はその当時お金がなかったんですよ。

ゲームセンターでクレーンゲームにはまったりして

1日1000円ぐらい使うこともあったりしました。

で、1ヶ月に1万~3万ぐらい使っていたので

貯金がどんどん減っていって、このままではヤバイと思い

貯金を下ろしてパソコンを購入して、家でインターネットをやることにしました。

クレーンゲーム

それまではパソコンはあったのですが、ネットにはつないでいませんでした。

でもネット初心者というわけではなく、いろいろなところでネットは触っていました。

学校やら、姉の家とかですね。

むしろはじめてインターネットをしたのが学校の人というのは

自分の年齢ぐらいの人では多いのではないでしょうか。

まぁインターネットがでてきたのが、20年前ぐらいかな…

そのぐらいな気がします。


当時はインターネットみたいなものがどういうものなのかの説明があって

とある授業で、その先生が

「ネット通販は不安が多いので、私はアマゾンしか使ったことがありません」

みたいな発言をしているぐらい、ネットが普及していませんでしたね。

むしろアマゾンと聞いたら、熱帯のアマゾンを思い浮かべるのが普通な時代でした。

あ、ネットがでてきた当時の話ですね。


で、ネットが家に来たのは7年ぐらい前かな。

もう結構やっている気がしますけど、まだ7年しか経過していないわけです。

で、当時は家にネットがきたけど、特になにもやることがなく

パソコンをいじらない日もありましたね。


で、そんなときにメイプルストーリーをやりはじめたこともあって

ネット=メイプルストーリー

みたいな感じなところもありました。

メイプルストーリーをやっている人の中には

そういう感じだった人や、今でもそんな感じの人は多いと思います。

そもそもネットはいろいろなことができますけど

別になくてもどうにもなりますからね。


今ではわからないことがあったら、ネットで調べたりしますけど

その当時は

わからないことがあったら、わからないまま放置

みたいな感じでした。


だから、自分が小さいころはネットなんてありませんから

ドラクエ5で

「エスタークを○ターン以内に倒せば仲間になる」

っていう嘘をいう人がいて、それを信じて

その人がいう○ターン以内にエスタークを倒したのに

エスタークが仲間にならずに、その嘘をついていた人に

「仲間にならなかったんだけど、どうなっているのよ!」

みたいなことを問い詰めたら、逆切れして

「あぁ、嘘だよ!」

みたいな感じで、去っていったのは記憶に残っていますね。

いまなら、嘘をついてもネットで調べれば

簡単に事実なのかどうかはだいたいわかりますからね…。


でも、当時はネットがなかったから、嘘をついても

それが嘘とわからず、嘘を本当のことだと思って過ごす人もいたわけです。

で、別にそれでもあまり困らなかったというか

今現在でも、ネットには嘘もおおくありますから

ネットの嘘を信じて生きていたりする人もいるでしょ…。

だから、ネットというのは別になくてもどうにでもなるものなんですよね。

知らないのなら、人間知らないで生きてもいけるわけです。


話がそれましたけど、メイプルをやりはじめた当初は

ネットでやることといったら、検索とかではなくて

メイプルストーリー

でした。


ただ自分はちょっと書く事にもあこがれていたので

ちょっとブログとかかじっていたりしたわけですけど

ブログとかは、どういうスタンスでやればいいのかよくわからず

放置することもあれば、1記事100文字ぐらいで終わることもあったりしました。


だから、メイプルストーリーとかやったときは

そのブログとかも、結構適当だった気がします。

このブログとかも適当というか、ブログに正解なんてありませんからね。


でも、自分がネットをつないだ理由というのは

ネットというのは、自分をアピールする場になると思っていました。

だから、ブログであったり、オンラインゲームという

プレイヤーが沢山いるメイプルストーリーというゲームに興味をもったりもしたのだと思います。


いろいろと記憶が曖昧なので、つじつまがあっていないところもあるかもしれませんが

そんな感じで、今回はここらへんでやめておきます。

続きます。



2014-10-17 23:16 | カテゴリ:漫画・アニメ感想

映画ひみつのアッコちゃんがテレビ放送していたので見ました。



展開がいろいろすごかったので驚きました。

子供が大人になるっていうのはひみつのアッコちゃんでは有名な話なので

そこでは驚かなかったのですが

ネタバレになりますけど、時限爆弾をわしづかみにして

「捨ててきて!」

という無茶振りには驚きました。


で、それを受け取った男性も行動が早く

残り40秒ぐらいだったのですが、外にでて

その時限爆弾を空に放り投げて爆発・・・

アッコちゃんとその時限爆弾を投げた男性は

「うわー!」

という感じで、吹っ飛んでいました。

というか、アッコちゃんは「捨ててきて!」と頼んで

時限爆弾を持って外に走り出した男性の後をなんでおいかけたし・・・。


いや、いろいろと展開がすごくて

「みていられない><」

ってところも多々ありましたけど、一番すごかったのは

時限爆弾のところでした。


おそらく女性向けの映画にしたのでしょうけど

そう考えたらアリだと思いますけど。

やっぱり男性が活躍するよりは、女性が活躍すべきですね。

今後の日本は…。


そもそも映画って男性がみるより

女性の娯楽であるべきだと自分は思うんですよ。

男性がきどっていろいろ語るより

女性が単純に「楽しかったね」みたいな感じがいいと思うので

まぁなんかそう思ったら、ひみつのアッコちゃんは良かった気がしました。


むしろアッコちゃん、守衛さんに惚れてもおかしくないでしょ。

そりゃ、岡田くんの専務(?)のイケメンに惚れるのが規定路線でしょうけど

守衛さんに惚れる可能性もなきにしもあらずというか

守衛さん、すごく都合のいいような場面で登場してくるのですが

あの登場の仕方とあの演説は、女性なら

「惚れてまうやろ~」

って感じでしょ!

いや、イケメンではない人物の言動になると、やっぱり自分と同じく

( ゚д゚)ポカーン

って感じでみていたのかなぁ。

悲しいものですね。


【秘密のアッコちゃんの口コミはこちら】

秘密のアッコちゃん・アマゾンレビュー


アッコちゃんは子供でも特殊な部類だと思います。

普通子供なら、大人がいっぱいいたら萎縮するでしょ。

萎縮しないでなんでもずばずばいえるところはすごいですよね。


ただ自分が知るアニメのひみつのアッコちゃんというのは

たしか友人のよし子ちゃんというキャラクターが有名だったり

たしかお父さんの髪型がすごかったというか

あれ?ひみつのアッコちゃんって魔女じゃなかったっけ???

あれ???

なにかと勘違いしているか・・・

あ、それは魔法使いサリーか。