2019-10-23 22:24 | カテゴリ:健康生活つれづれ

体調が悪すぎて、ブログとかも書けなかったです。

今もかなりきつい状態なんですが。

まぁブログを書いたほうが、気がまぎれるかと思ったんですけど。

そんなことはほとんどなかったです。


普通に生きれることが幸せというか。

普通に生きれないと、なにもできないじゃん!


まぁ健康になれば、このつらいときのことを忘れて、油断するのはわかりきっていますけど。

今は体調が悪くて、なにもできないので、人生についていろいろ考えたりしますね。




自分だけを見るべき

思うのは、人生なんていうのは自分だけを見て生きればいい気がするんです。

それは自分勝手に生きるべきとかではなく。


他人のことなんて気にしなくていいと思います。

いや、健康な人ほど他人のことが気になるんです。


もちろん、体調が悪くなっても、他人のことが気になります。

他人の目が気になるから、体がぼろぼろになって外出を戸惑うところもあるんですが。


それでもなんか、体調が悪くなったら、生きているだけで十分なんだから。

他人の目があーだこーだっていうのは、どうしようもないというか。

他人というのは、なんていうか、ゴミみたいな感じなんだから。

自分だけを見て生きればいいような気がします。



いや、なんかそういうのもストレスが貯まるんですが。

なんか他人って馬鹿ばかりな気がします。

当然、他人からすれば、自分が他人になるわけで。

他人からすれば、自分のことを

「あいつ馬鹿だな」

って思うわけで、それはしょうがない気がします。


でも、人生振り返ってみると、そういうことが多すぎる気がします。

たとえば口喧嘩なんていうのは、自分のことが正しいと思っているから

お互い自分の言い分が正しいと思っているから、そりゃ喧嘩になりますよね


自分が正しくて、相手が間違っていると思っているわけですから。

その時点で、馬鹿らしいというか、あほらしいというか。

なんか、どうしようもないんですよ。


ならどうすべきかというと、他人とは関わり合いにならないというか。

そういうのが大事な気がします。



自分は昔はこのブログにコメントをやっていて。

なんか馬鹿なコメントがたくさん届いたりしてうんざりして

別にそういう理由で、コメントを受け付けていないわけではないんですが。

なんか、そういう馬鹿なコメントを見ては

「へ?」

って思うことは多々ありました。

まぁそういう人は、本当にごく一部なんですが。

そういう人ほど、自分が正しく、相手が間違っていると思っているからどうにもならない気がします。




相手を簡単に殴っていい場なんてない

相手を簡単に殴っていい場なんてないと思うんです。

でもこれは、逆にいえば多くの人が簡単に殴っているのなら

自分が殴ったら怒られるっていうのもおかしいですよね。


変な話なんですが。

そういうところを人を見て、あーだこーだ言う人がいるから、自分は嫌だったりするんです。


たとえば、自分のブログを見て、気にくわなかったから

「早く死ね!」

とか、ブログのコメントに書いたりするのは

「え?」

って思いますよね。


だって見ず知らずの人ですよ。

急にこっちはまったく知らない人から

「死ね、バーカ!」

なんて言われたら

「へ?」

って感じになりますよね。


でも、人間っていうのはよくわからないのは、そういうそっち側で

「あいつには、罵詈雑言を言っても許される」

ってことを思ったりするところがたちが悪い気がします。


コメントっていうのは、誰かがそういう

「ばーか」

と言って、許されているのをみたら、ほかの人も

「こいつには罵詈雑言を言っても許されるんじゃないか」

みたいな感じになって、どうにもならなくなるっていうの。

そういう人間の醜悪な部分があるような気がします。

まぁ醜悪というより、ひととなりみたいな感じなのかもしれませんけど。


でもそういうのは、子供のころからありましたよね。

たとえば、クラスでそういうあまりうだつの上がらない人がいたのなら。

そういう人を軽視するというか、意味もなくパンチするというか。

今でいえば、カースト制度っていうの?

そういう学校でのクラス分けみたいな感じっていうの?

そういうのを、どうしても作ったりして、線引きしたりするところがあるような気がします。



だから、もうそういう時点で、他人とかくだらないというか。

気にして生きるのはなんかうんざりするというか

他人のことを気にして生きるのは確かにおもしろいですし

他人から褒められたりするとうれしくなったりして、そういう魅力もあるんですが。


まぁ、それよりも、そういうよくわからない線引きっていうの?

「ここは汚いから、ゴミのポイ捨て許されるだろ」

みたいな、そういう感じっていうの?

そういうのを勘弁してほしいというか、勘弁してほしかったですね。



このブログはメイプルストーリーという子供むけゲームをやっていたブログだったので。

そういう子供な感じの人が、そういう線引きみたいなものを感じて

「ばーかばーか!」

な感じを言ってきたところもあったのかもしれませんけど。


いや、よくわからない。

急にそんなことを言われても、どうにもならないし。


当時はよくブログの見るほうが言っていたのが

「ブロガーには責任がある」

みたいな感じで

「書くことをよく考えろ」

みたいな発言なんですけど。


はぁ~?

意味不明だわ。


ブロガーは発言には気をつけて。

ブロガーではない人たちは、なにを言ってもいいのかっていうのは意味不明でしょ。



当時はそういうところがあったのがなかなかおもしろかったというか。

腹が立ったところがありましたね。

訪問者は神様とまではいかなくても。

訪問者は、ブロガーに罵詈雑言を言っても別にいいというか。

上から目線で語ってくるというか。


まぁそういう人ほど民度が低そうな人というか。

なんか、なにを言っているのかわからない人で

そういう人に目をつけられた時点で運が悪いと諦めないといけなかったのかもしれませんけど。


でも、これはブログの話に限らず。

今のリアルの人生でもそういう感じなところを強く感じています。


とにかく、なんか他人に合わすのが、すごく疲れるというか。

なんか他人がアホばっかりなのに。

他人は常識外れのことをしているのに、なんかこちらのことにはいろいろ指摘してくるような意味不明な感じっていうの?


でも、そんなのいちいち気にしていたらきりがないので。

自分だけを見て生きるべきだと思うんですが。


どうしてもこの世には、他人のことを気にして

他人のことをチェックして、いろいろ口を出したい層がいるわけで。

たぶん、今のメンタルだと、そういう人とあってしまうと、自分は体調が悪いのでかなり危険な感じがあります。


寄生獣で、女教師に化けた寄生獣がいっていましたけど。

人間も弱いんです。

強いように見えて、人間は弱いです。

弱いゆえに、喧嘩っぽい人もいるのかもしれませんけど。


弱い。

とにかく弱い。

自分は体調が悪く、そういう点でもかなり弱っている状態なので。

「あまりいじめるな」

というか、他人のことを気にせず生きないと、そういうところが気になってちょっとやばい感じがありますね。


他人の目を気にしていきるのも、それは健康な人の特権なのかもしれません。




1人身でよかった

ぶっちゃけ言うと、なんか自分は1人身というか。

親がいて、同居なんですけど。

ほんとうそれですごく助かったと思っています。


たぶん他人からすれば

「結婚して家庭を持って一人前」

というか、それが普通だと思っているのかもしれませんが。


今の自分の体の状態を考えると。

もし結婚していたら、崩壊していた可能性が大というか。

無理があったように感じますし。


親がいなかったら、なんか私生活も厳しい状態な感じで。

親のありがたみを感じています。

逆にいえば、親がいなくなったら

「生きていけんな」

という危機感も感じています。



別に1人目な理由が

「1人のほうが自由だから」

とか言い訳ではなく。

なんかそういう感じではなく

「もし1人身ではなかったら、かなりやばかったな」

という、青ざめる状態になっていたと思うので、なんか1人身でよかったと思いました。


なんかそうなると、1人身を肯定できるから

体調不良になってよかったんじゃないかという、わけがわからない感じもある気がしますけど。


やることやってこないで生きた人ほど、体調不良になると救われる

のかもしれません。


いや、やることやって生きてきた人は、体調不良になったら詰みだろ。

いろいろ家庭とか作って

「あ、がんになりました。さよなら」

とか、無責任すぎるでしょ。

でも無責任でも、病気なんだからしょうがないですよね!


いや、自分は別にがんとかではないんですが。

なんか、そういうことを思って、今は生きています。

とにかく今は、体調をもとに戻るのを待っています。

早く血便が止まってくれることを祈る。