2020-05-30 11:58 | カテゴリ:

株をやって、もうすぐ2年になりますけど。

株をやって思ったのは

「投資は才能ではなく正しさが重要」

ってことです。


株はギャンブルではなく、正しくやればお金が増えるってことですね…。

なので、株っていうのはお金に余裕があればやるべきであって。

逆にお金がないのなら、無理な気がします。


ただ、正しい投資ができるのかどうかは

なんか2年ぐらいかかったので、きつい気がします。



たぶんですけど。

正しい投資をわかるのに2年

正しい投資を実践するのに5年

このぐらいかな。

つまり、投資を7年ぐらいやれば基本お金は増えるはずです。


ただ7年という月日は長いので…。

それだけの価値があるのかは謎です。




正しい投資とは?

正しい投資というのは、積立なんだと思います。

毎日100円投資するのもアリです。


で、まぁ、簡単なことですけど。

暴落が来たら、毎日200円に投資額を増やすんですよ。

逆に暴騰したら、毎日100円の投資額を毎月100円の投資に減らすわけです。


簡単な話、暴落が来たら投資額を増やし。

株価が上がっているときは、投資額を減らすわけです。


この暴落と暴騰をどこで知ればいいのかというと。

毎日100円投資しているわけですから。

それが含み益になったのなら⇒暴騰

これが含み損になったのなら⇒暴落

こうやって考えることができますよね。


もちろん、なにがあるのかわかりませんから。

地球が滅亡して

「投資なんてやっている場合じゃねぇ!現金が大事な時代だ!」

ってなるかもしれません。


でもそうなったら、もうお金どうこう以前の問題で

品物が大事な時代になっているような気もします。


用はコロナでは、マスクの値段が上がったりしましたけど。

それは現金よりマスクのほうが需要があったっていうことですよね。


まぁそんな感じで、投資をやるのなら個別株よりも投資信託なんじゃないかな…

なんて思いました。


自分は前から

「積立nisaとかゴミだろ!」

って思っていましたけど。

こうやってコロナを体験して、積立投資の強さを実感しましたし

上がったら投資額を減らし、下がったら投資額を増やす…。

これだけでうまくいくわけで…。

投資っていうのは、こういうところがコツなんだと思います。


どうしても株をやる前は

「安く買って、高く売ればいいじゃん」

としか思っておらず。

でもそんなことは不可能なので…。


実際は

「安くなったら買い続け、高くなったら売り続ける」

こういうのが理想な気がします。


用は、一発大きくドカンを賭けるのではなく

毎日小さく賭けていく…

それが投資の才能ってことですね。


これは、なんか真面目な人がうまくいく感じがあって好感が持てます。

もちろん、一発大きく賭けて、それが成功すれば大きな儲けを得ることができるんですが。

その一発大きく賭けるっていうのも、我慢が重要になるというか。

本当に底で買わないと、勝ち目がないので

それこそ大きな才能が重要になってくるように感じますね。



たださっきも書きましたけど。

株で確実に儲けるためには、それなりの時間が必要だと思うと

やるだけの価値があるのかは、ちょっと疑問に思ったりします。


ただ、投資を学んでおけば、いざというときどうにかなったりするかもしれないので

悪いことではない気がします。


自分はとにかく才能がないのか知りませんけど。

そういうのを知るのに時間がかかりましたけど。

もっと柔軟な人なら、正しい投資は短期間でわかるのかもしれませんね。




2020-05-25 22:18 | カテゴリ:思想

コロナであーだこーだなっていますけど。

なんかどーでもよくなってきました。


たとえば、甲子園とか、テラスハウスとか。

学校の入学があーだこーだとか。

なんかそういうの、どうでもいいと思うんですよね。


甲子園とか、やらなければいいと思うし。

夢をうばうとか、なんか馬鹿らしいし。

そもそも甲子園って、夢の舞台とかなの?

今の時代はそんな子供も少ない気がします。


そもそもコロナで学校休めるのって、すごくラッキーなことだと自分は思うので。

なんかコロナで家に閉じこもっていないといけないのが、子供の不満とか聞くと

「???」

って思います。

おまえら、もう夏休みも冬休みもなしでいいじゃん。

おまえら、夏休みも冬休みも

「そんなのいらん!学校にいるほうが楽!」

って思っているってことでしょ?




体調が悪いのはつらい


そんな感じで

「もうどーでもいいわ」

って感じなんですが。


体調が悪いとつらいっていうのは、この1年でずいぶんわかりましたから。

体調だけはどうにかしないといけないって思いはあります。


ほんと、そういう口だけではいろいろ言えるんですが

体調がつらいっていうのは、なんか逃れられないところがあるので

だから、なんか無理があるんですよ。


「もうどーでもいいわ」

って思っても、殴られれば痛いので

「やめて、やめて!」

ってなるわけで。


いや、なんか殴るとかそういうのだと実感がないので。

「もうどーでもいいわ」

って思っても、間違えて熱されたフライパンを触ったら

「熱い!」

ってなるわけで。

それは耐えられないんですよ。


熱いフライパンを触って

「もうどーでもいいわ」

って思えるはずないじゃん!


だから、まぁ、そんな感じ。

人間ってそんな感じなんですよ。

だから、体調だけは気をつけないといけないです。


コロナだって、実際にかかっていないから

「さっさと経済回せよ」

って自分は思ったりしますけど。

実際にコロナになったら

「つらい、つらい」

ってなるんでしょうね。


というか、コロナにかかった人は、もっとそれをアピールすべきだと思いますよ。

石田純一とか、そういうコロナのつらさをアピールすべきだと思うんですが。

なんかけろっと復帰しているから、違和感がないか?

宮藤官九郎とかも、ああいうキャラだから、つらかったのか知りませんけど

冗談とかで終わらせそうだからなぁ。


というか、コロナってつらいんだろうか?

そういう情報がまったくでてこなくね?


味覚があーだこーだとか。

嗅覚があーだこーだとか。

そんなのだから、みんな舐めているところがあるんだと思うんですけどね。


もしコロナのつらさが

「熱したフライパンで手を焼かれているようなつらさ」

って聞いたら、みんなぞっとするでしょ。




2020-05-10 21:05 | カテゴリ:ゲーム全般

TVゲームを小さい頃からやってきました。

ファミコンやら、ゲームセンターやら、そういうものをやってきました。

メダルゲーム

で、そういうのをやると

「馬鹿になる」

みたいな感じで、香川県あたりであーだこーだとかやっていたような。

いや、香川県ではないかもしれませんけど、西日本のどこかで

「ゲームは1日1時間!」

みたいなことにしようとあーだこーだな感じになっていました。


で、これは事実だと思うんです。

ゲームをやると馬鹿になるというのは本当な気がします。

いや、ちょっと違うと思うんですが

ゲームをやるのは馬鹿なんですよ。

ゲームをやっているのは馬鹿。


で、実際ゲームを作っているほうも

そういう馬鹿にあわせて作ろうとするので、ゲームをやると馬鹿しようになるように感じます。


だから、TVゲームはやらないほうがいいです。

ゲームをやると、頭がよくなるというのは

元から頭がいい人にやらせているからでは?


元から頭がいい人にゲームをやらせれば、そりゃ脳トレになるでしょ。

馬鹿にゲームをやらせたら、よけい馬鹿になりますから!

馬鹿というか、高慢な感じになりますから。

だから、ゲームをやると馬鹿になるというのは正しいと思っています。




株とゲームは違う

自分は株を最近やっていますけど

株とゲームっていうのは、まったく違います。


やっていることは、株もゲームみたいなものなんですが。

株とゲームの違いは

ゲーム=やるもの

株=待つもの


こういう感じだと思っています。


だからゲームをやるっていうのは

「楽しい」

とか

「趣味で」

とかだと思います。

そういうのは楽しいからやるわけであって、やらない理由というのはそんなにないと思うんです。



でも、株っていうのは待つゲームですから。

「楽しい」

とか

「趣味で」

ってことになるのなら、負けてしまうわけです。


株は待ちのゲームなので、参加しないことで成功が待っているので

「株が好きだから株を毎日やっています」

こういう感じだと、負けてしまうわけですね。

いや、知らんけど。



だから、ゲームをやったら馬鹿になるというのは

「我慢ができなくなる」

ってところもあると思うんです。


だから、1日1時間に制限させるっていうのは

ちょっと滑稽に思うかもしれませんけど、実際にそれぐらいのゲームだったら効率がいいような気がします。

それこそ、才能が伸びるような気がします。


ゲームはやりたいときにやるもの

だからこそ、馬鹿になるのだと思います。


ゲームを

「やりたいけど我慢我慢」

こういう人になると、どんどん能力が伸びるでしょうね…。



だから、ゲームなんて言うのは、やらされてやったら伸びると思うんです。

だから実験とかになると

「ゲームをやったら頭がよくなった」

ってなるのかと。

それは実験でやりたくもないゲームをやっているに過ぎないから。


でも自分から

「やりたいからゲームをやる」

な感じだと、能力は伸びない気がします。


株も

「買いたいけど、我慢我慢」

これでよりよいチャンスを待つのがいい感じになるので…。


でも、それって結構な苦痛なんですよ。

もし買い物をしていて

「なにこれ!安い!買いたい!」

って思ったものを買わないっていうのは、結構ストレスが貯まりますよね。


家に帰ってから

「今度いったら売り切れているかも」

とか思ったりするかもしれません。

だから、自分が欲しいと思ったものになると、購入するのが普通だと思うんです。



だからゲームっていうのは、なんか違うと思うんです。

趣味というか遊びでゲームをしているのは馬鹿になると思います。



「やりたくないけど、ゲームをやらないといけない」

こういう状況になってやるゲームなら、おそらく伸びるでしょうね。

でもそういう感じになると、馬鹿はやらないでしょ。

だって、苦痛なことをやるはずないでしょ。

馬鹿がゲームをやるのは、ゲームが楽しいからなわけで。


だから、ゲームなんていうのは、馬鹿になる…。

自分のやりたいことをやっているだけなので、そのとおりな気がしますね。


人間っていうのは、苦痛なことをやってこそ伸びるような気がします。

そもそも努力っていうのは、変な話苦痛なことをやり続けることな気がするので

好きなことを、好き勝手やることは努力とは言わないと思うので

それまでな気がするんですけどね。