2012-02-14 14:28 | カテゴリ:思想

2月14日はバレンタインデーということもあり

男女ともにそわそわする人がいるのではないでしょうか。

自分はもう別に、そんなそわそわする年齢でもないので・・・

┣¨キ(*゚Д゚*)┣¨キ


・・・そんな感じで、まぁバレンタインっていっても

昔ほど純粋でもないので、それなりに受け入れていますけど

バレンタインチョコというのはピンクの色が多いかったり

ハートマークが多いので

男は近寄れない雰囲気をかもしだしていますよねぇ。

想ひそめし

ゆきぴりか

イオンのエスカレーターをあがっていく途中で

バレンタインコーナーを見下ろしてそんなことを思いましたねぇ。


でもいまのバレンタインって女性同士で

チョコをあげたり食べたりする友チョコとか

自分の趣味でチョコレート菓子を作ったりするだけの人が多いと思うので

別にそこまで

バレンタイン=恋愛

みたいな感じにしなくてもいいような…


そんなこともあってか、バレンタインというものは

男子の認識が、古いバレンタインのままな気がします。

まぁ古いバレンタインにあこがれるっていうのはありますよねぇ。

自分もドキドキするようなチョコもらいたいですよ。そりゃー。




バレンタイン3





バレンタイン4




バレンタインで向上するのは

男女の恋愛感情ではなく、男同士の友情か?


でも、バレンタインであーだこーだいっている男性も

なんだかんだでバレンタインを楽しんでいると思いますよ。

本当に興味がないのなら、スルーでしょうからね。

すなわち、節分です。


節分なんて、バレンタイン前にあるものだから

「バレンタイン前の節分についてももっととりあげてやれよ!」

みたいなことをいう人がいるしまつで

バレンタインに節分は食われてしまっているのがかわいそうですよね。

別にバレンタインの名前出さないでそのまま

「節分をもっと注目すれよ!」

みたいな感じなら、節分だって存在感の薄いイベントとして活躍できるのに。


本当につらいのは、バレンタインにチョコをもらえないことではなく

誰にも豆をまくこともできない状況・・・

つまり独り身であることなのかもしれませんねぇ。



管理者のみに表示する