2012-07-27 18:06 | カテゴリ:カルチョビット

カルチョビットを売却しました。

カルチョビット

プレイした感想としては

地味に放置できないな

と思いました。

ちょくちょく触る必要があるので

なんかカルチョビットをプレイしたら

ある程度放置できて、パソコンとかいじれるのですが

5分ぐらいしたら、また少し触って

また放置っていうのがわずらわしかったです。


あと、やることが選手の獲得と

選手のパワーアップぐらいしかなくて

致命的なのが選手のパラメーターが

いろいろとランクで表示されているので

それをとにかくSにするだけのゲームとなりました。

別にそれが悪いというわけではありませんが

日刊カルチョビットのランキング1位のチームとかみると

もう戦術がどうのこうの以前に

選手を強化して、あーだこーだみたいな感じだったので

そこまでやる気もなかったし、トップクラスのチームがどんな感じかもわかったので

満足しちゃって売っちゃいました。


カルチョビットはおもしろかったんですけど

なんていうか…

オンライン対戦があってよかったと思いますけど

トップのチームがどういう戦力なのかも見えてしまうところは

なんていうか、萎えたというか

そこまでやるこもうという気にはならなかったかなぁ。


まぁ今のソーシャルゲームのカードゲームは

まんまカルチョビットだと思います。

いや、逆なんでしょうね

カルチョビットはソーシャルゲーのパクリのようなゲームです。

もちろん、カルチョビットのほうがゲームボーイアドバンスででていたわけで

カルチョビットのほうが先にアイデアをだしたともいえますが

任天堂3DSソフトとして、カルチョビットをだすのは

ちょっと時代遅れというか・・・

もっと成長をきびしくするようなシステムがあればよかったと思いますね。




カルチョビット2




【カルチョビットアマゾンレビューはこちら】

カルチョビット・アマゾンレビュー




なんか、おもしろかったんですけど

ところどころ甘かったというか

ぬるかったゲームのように感じます。

一人用ゲームではリセットができてしまうところなんかも

甘いように感じました。

リセットをなんども利用して相手チームにかって昇格したり

リセットをなんども利用して、いい選手を補強とか

なんかちょっと違うと思いました。


練習試合とかは弱い選手を出場させて

練習できるカードを集めるとか

なんか違うと思うんだけどなぁ。


まぁ丁寧にチーム作りをしている人が強いわけで

それはいいと思うんですが

その根性が自分にはありませんでした。


カルチョビットはおもしろかったんですけど

なんだろ。

やっぱりソーシャルゲーム臭がすごかったです。

いや、グラフィックはソーシャルゲーム以下だと思います。

別に自分はグラフィックは求めていませんので

よくできていると思ったんですけど

うーん、なんだろ。

もうちょっと安く販売できなかったのかなぁ。

いや、おもしろかったんですけどねぇ。


任天堂3dsのげゲームって

素材はいいのに、なんでぬるいような感じにするというか

進歩しないのかよくわかりません。


ゲームでしびれるのって

絶妙な難易度のゲームだと思うんですけどね。

いまどきゲームなんてスマホみたいなものでライト層はやるわけで

もっとゲームをやりたい層を対象にしたゲームをださないと

大人は満足できないのではないでしょうか。


まぁゲームは子供向けと考えているのなら

しょうがないと思いますし

日本の人は、やっぱりゲームと聞いたら子供がやるイメージが強いのでしょうし

実際3dsで売れているのは、子供向けゲームですからねぇ。