2012-08-05 18:30 | カテゴリ:通販生活つれづれ

通信販売を利用する上で最低限やっておかないといけないことは

自分が注文した商品はきちんと理解すること

です。

ほんとうに最低限これだけはしておくべきでしょう。

アマゾンダンボール

そして、もしすんでいるところに

自分以外の人も住んでいるのなら

そういう人に、通信販売を利用しているということを

伝えておくべきでしょうね。

特に気をつけたいのが

代金引換を利用しているのかどうか

ここはきちんと伝えておかないと

あとあときびしいことになったりします。


例をだすと、代金引換をよく使っていて

その代金を家族に払ってもらっていた人がいたとします。


そんなときに、とある悪意を持った人が

あなたあての住所に、代金引換で商品を注文して

あなたがいないときに、その品物がとどいたら

あなたの身内がその代金引換のお金を立て替えて

お金を払うかもしれません。


世の中、悪意をもった人はかならずいるので

そういうところはきちんとしておいたほうがいいでしょう。

ネットでいろいろ調べても

別れた彼氏に代金引換でかってに注文された

という人がいたりしたので、今後そういったいたずらをする人も増えるでしょう。


自分は代金引換は利用しないようにしています。

それはやっぱりすんでいる人に迷惑がかかるからですね。

代金引換を利用していなくても

一緒に住んでいる人がいるのなら、その人に

自分が代金引換で製品を注文することはないということを伝える

必要があります。

もし、自分宛に代金引換で商品が届いたのなら

受け取らないように伝えておく必要がありますね。


代金引換を利用するのなら

商品がとどく日時をきちんと指定して

自分が家にいるようにしなくてはいけません。


ただ、自分の家の担当の佐川は

冗談抜きに日時指定を無視してくる

ので、そういったところは限界があるかもしれません^^;

いや、代金引換で注文したのなら

そういうところはちゃんと守ってくれるのかもしれませんが

代金先払いの荷物だと、佐川は冗談抜きに

日時指定を無視してくれるので、ひどいです><


とまぁ佐川は関係なく・・・

代金引換をよく利用するのなら

ちゃんとその説明をしたり

一緒に住んでいる人にお金を払ってもらうのなら

先にその代金のお金を渡しておくのが最低限やることです。


代金引換で注文したのに

自分は家にいなくて、家の人にお金を常に払ってもらっているという人は

いつか痛い目をみるかもしれないので

そこは気をつけるべきでしょうね。


便利な世の中になりましたけど

そういった便利なところを悪用する人もいます。

出前もおなじで、悪意のある人だと

他の人の家に勝手に注文する人もいますからね。


出前とかは、仕方ないのでしょうけど

通信販売というものはやっぱり代金引換というのは

あまり形式上よくないものだと思うんですけどね。


ネットショップを開いている人にとっても

代金引換というのは、注文をしたのに受け取らない人がいたりして

デメリットが多い取引形態だといわれています。

大手通販ショップになると、代金引換はあるとないとでは

注文に差がでてくるのでしょうけど

代金引換というのは、トラブルの元だと自分は思います。




ネット通販




よく駿河屋とか、対応が悪いとかいわれていますけど

そういうことをいいたいのは、駿河屋のほうじゃなかろうか?

駿河屋が、お客の対応に文句を言いたい感じもあると思いますよ。

駿河屋ダンボール

駿河屋の扱っている商品をみても

駿河屋を利用する人は子供が多そうですから

そういった配送トラブルは多そうな気がします。


まぁでも、こういうのはショップとこちら側だけではなく

第3者が勝手に品物を注文したりすることもあるので

そういう点では怖いですよね。


まぁそんなことをいっていたら

ネット通販だけではなく、いろいろなことが成り立たなくなるわけですけどね。

ほんと、なんでこの世にはそういう悪いことを平気でする人がいるんでしょうねぇ。