2012-10-06 03:52 | カテゴリ:通販生活つれづれ

ホームベーカリーを購入したんですが

機種は

ツインバードの「PY-E631W」

を買いました。

ツインバードホームベーカリー

パナソニックのホームベーカリーが代表的みたいだったんですが

パナソニックのホームベーカリーは値段が高い!

値段が1万円ぐらい以上するものばかりだったので

このツインバードの「PY-E631W」は

6000円

で買えたので、これにしました。

いや、いきなり1万円以上もだせないでしょ!

1回使ったら飽きるかもしれないというか

自分は購入したけど一度も使わないで

親が使っているんですけどね^^;

ツインバードの「PY-E631W」

ツインバードの「PY-E631W」の中身はこんな感じで

実際にパンを作ってみたらこういう感じになりました。

ツインバードの「PY-E631W」

普通にパンが焼けてよかった~。

こんなの実際にやってみないと

不良品なのかどうなのかもわかりませんからね。

ちゃんとパンが焼けたんで一安心です。


このツインバードの「PY-E631W」は2斤パンが焼けるんですが

どうも親いわく「2斤は大きすぎる」とのことで

最近は1.5斤で作っているみたいです。


ちなみに2斤のパンはこんな感じです。

ツインバードの「PY-E631W」 2斤パン

ツインバードの「PY-E631W」 パン2斤

普通にパンが焼けました。

まぁ親が作ったわけですけど

たしかに自分で焼いたパンはおいしいんですけど

手間がかかるので

めんどくさがりな人はパンを購入したほうがいい

でしょうね。


こういったホームベーカリーをおすすめする人は

・こだわりがある人

・自分でパンを作ってみたいという興味がある人

・ホームベーカリーの機種自体に興味がある人

・安全なパンを食べたい人


こういった感じで、ぶっちゃけ

趣味

ですよね。

材料も買わないといけないわけで

かなり手間がかかりますよ。

たしかにあまったお米を使ってパンも焼けますけど

あたりまえなんですけど、米粉用の小麦が必要になりますから

あまったご飯だけじゃパンはできないんです。


このツインバードの「PY-E631W」は

ホームベーカリーが初めての人にいいと思います。

なんていったって、2012年10月現在6000円で購入できますし

今後さらに値段が安く買えるかもしれませんし。

パナソニックのホームベーカリーも

もうちょっと安くなればいいと思うんですけど

さすがに1万円以上お金をだすのは

このツインバードの「PY-E631W」の6000円と比べると抵抗があります。


購入してよかったのかどうかというと

まぁこんなものだと思いますし

6000円なら普通にアリだと思います。

興味があるのなら、買いだと・・・。

めんどくさがりな人は、買わないほうがいいと思います。


【ツインバードの「PY-E631W」販売店一覧はこちら】

PY-E631W


【ツインバードの「PY-E631W」の口コミはこちら】

PY-E631W口コミ


まぁこれはあたりまえなんですけど

パン作りに興味がないのなら買わないほうがいい

です。

あとはどれだけパンを作りたいと思っているのかでしょう。


このホームベーカリーを購入しただけではパンはできません。

・パン粉(強力粉)

・ドライイースト

・スキムミルク

・バター


などなど、パンを作るにはいろいろと必要になるわけです。

ドライイーストとスキムミルク


しかもこれらを集めたとしても

分量を量らなくてはいけないわけで

パン作りが簡単になったといっても

めんどくさい作業は健在ってわけですね・・・。


まぁでも、パン作りってホームベーカリーがなかったのなら

パンを作るのは素人には難しいわけで

普通に市販されているパンよりも

おいしいパンを自分で作れる時代になったわけで・・・


そうなってくると、市販しているパンを買う理由というのは

手間がかからない

という点ぐらいかもしれませんね。

いや、それが現代の生活ではとても大きいわけですよねぇ。