2013-01-28 02:55 | カテゴリ:ブログつれづれ

なんか前はサイトつくりが楽しいというか

もうやってやるしかないっていうか

そんな感じの人がいたんですが

最近は、そういう人が減った気がします。


実際今の自分はそこまでサイトつくりが楽しいと思えないというか

まぁ楽しくなくもないわけで

そんな感じです。


あー、まぁ楽しいですよ。

でもやっぱり、楽しいものと楽しくないものがありますよね。


それはブログが悪いんじゃなくて

自分が悪いんだと思います。

ブログに書くことに興味を持てない自分が悪いわけです。


興味のないことを書けるわけないじゃん!

って思う人がいるかもしれませんが

人間興味を持てばいいわけであって

興味がある・ないではなく

興味を持たなくてはいけないという

本人のやる気しだいなわけです。


まぁそもそもブログがめんどいのなら

はじめからやらなければいいわけで

中途半端にブログを作って

中途半端にブログをやめたのなら

中途半端にブログを作って更新した時間が無駄になるので

できればすべてのブログを一流な感じにしたいわけですが

まぁどんなにがんばっても無理なものもありますよ。


実際、ブログをやってなにかメリットがあるの?

なんてことを聞かれても困ってしまいます。

だって、イヤならやらなければいいわけで

自分が「やれ!」といったわけでもないわけでしょ?


基本自分が個人的にブログを薦めたりするときは

ブログのメリットというの?

そういうのを伝えてあげるというか

そういうのを教えてあげるわけですけど

まぁ本人にやる気がないのなら無理だと思います。


でも、ブログというのは悪いものではないですし

絶対メリットがあるものだと思います。


結局本人がやる気がないだけで

せっかく自分がブログのやり方をいろいろ教えてあげようとしているのに

それを拒む人っていうのは・・・なんつーか

いや、まぁそれもその人の人生ですからね。


でも、自分はたいていのことでは満足しないわけですよ。

その自分がブログみたいなものがおもしろいっていっているんだから

その世界は、それなりにあれだ・・・

いい世界だったりするんですよ。

ま、人それぞれってことか。


あー、でもなんていうか。

それも自分の興味みたいなものだったと思います。

たとえば、今だれかに

「ブログのやり方を教えてください」

みたいなことをいわれても

「あぁ、無理だし、時間の無駄だからやらないほうがいいよ」

みたいなことを言うと思います。

本当のことだし、なんか教える気もないというか

ブログを教えることへの興味がないからですね。


ま、そもそもブログなんて

コツなんて特にないですし

やろうと思えば一人でできるというか

一人でやるものですよね。

たしかに大手ブログとかになると

外注で記事を書いてもらって運営しているところもありますけど

基本一人でやるものですよ。

だから、別に自分に教えてもらわなくても

やる気があるのならできるわけで・・・


金払ってブログの書き方とか教わっている人は

どうかしているんじゃないか
と思います。


いやたしかに有益な情報もあるのかもしれませんが

基本自分がやらないとどうにもならないわけで

そんなものですよね。


話をもどして、結局興味がある・ないの問題なんですけど

興味がある・ないではなくて

自分が興味を持つようにしないといけない

わけですよ。


「興味がないからいいです」

っていうのは、ちょっと違うわけです。

だって、変な話だと思うんですよ。

野球部に入って

「野球に興味がないから、そこまでうまくなりたくありません」

というのはちょっとおかしな話だと思います。


まぁたしかに、野球部に入って

野球の練習とかがめんどくさいっていうのはわかりますけど

野球部に入ったのなら、野球のことは好きだと思いますし

もっとうまくなりたいと思うのが普通だと思います。


いや、そんなものかと。

ブログとかは別にどうでもいいけど

単に有名になりたいだけなんです

とか言われても困るというか・・・。


あー、例をだすと

野球部に入って

「野球はどうでもいいので

女子アナと結婚する方法を教えてください!」


というのはずれているわけでしょ?

なんかそういうのをちょくちょく見かけたりするかなぁ。




?




ブログでも、アフィリエイトとかに興味を持って

「ブログで稼ぐ方法を教えてください」

ってなったら少しおかしくね?


「ブログとかはどうでもいいんで

お金がほしいんです!」

みたいな感じってずれている気がします。

だってお金を稼ぐ方法ってブログとか以外にもいろいろあるわけで

ブログを選択した理由がよくわからないですよね。


あー、なんか自分でもいいたいことがよくわからなくなりましたけど

そういうのは興味があるのが

ブログではなくて、お金儲けに興味があるわけであって

なんかずれている気がします。


ブログってそういう、なにか理由みたいなものがあると

うまくいかないものなのかもしれませんね。

単純に楽しいと思えないと続かないっていうかな。


自分もはじめブログを作った時は

自分の才が認められて、うんたらかんたら

みたいな希望に満ちてブログをはじめましたからね。

でも、普通そういうことを思わないか?

いや、そういうことを思う思わないではなくて

はじめブログを作るときって希望にあふれていないか?


それともはじめから

「ブログ作るのめんどくせー

めんどくせーけどブログ作らないといけないぜー」


みたいな感じでブログを作っているのか?


人間どこでそういう

ブログやりたい!って思いから

ブログめんどくせーって思いになるんでしょうかね?


だって部活とかもそうじゃない?


自分も陸上部でしたけど

入るときとかは陸上部で走ることにわくわくしていましたけど

いつのまにか、走るのがめんどくさいというか

練習で走ったりすることが、なんかつまらなくなったというかな・・・

そのわくわくしていたのに、つまらなくなった変わり目っていうの?

そういうのはいつだったのかなぁ・・・なんてことを思いましたとさ。


つまり興味がある・ないではなくて

興味をもたなくてはいけないというわけでもなくて

はじめは興味があったはずなのに

いつのまにか興味をなくしてしまっている


わけですよね。

じゃないと、ブログを作った理由がおかしいと思いますから。


はじめから

「めんどくせー、めんどくせー

でもブログ作らないといけねー、めんどくさー」

でブログを作る人とかいるのかって話ですよ。


多くの人は、自分の意思でブログを作ったりするわけで

たしかに誰かに薦められてブログを作った人もいたかもしれませんが

そんなブログを薦めるような人っていない気がします。

ツイッターとかなら、なんかいそうな気がしますけど。


不思議なものですよねぇ。

ま、1記事書いて飽きるっていうのはよくありますし

無料ブログとかになると、INするのがめんどうっていうのもありますよね。


そしてブログって基本序盤はまったくだれも訪問者がこないわけで

そんな日が続いたら飽きちゃうよなぁ。

でも実際のところあなたが

1記事しか記事がないブログに行きたいと思うか?

といったら、行きたいとは思わないと思います。

ま、だからしょうがないというか

ブログってやっぱり手厳しいのかなぁ。

実際こういう見られるってことが好きではない人もいるかもしれませんが

基本こういうネット上に文章をあげるって

多くの人が

なんとなーく見る

わけで、そのゆるさが自分は好きですけどね。

日に訪問者は1000人ぐらいきていますけど

この記事は10人みるかみないかだと思います。

あ、みてくださってありがとうございます。どもども。

実際この記事見ている人も

別にそこまで、顔をこわばらせて読んでいるわけでもないと思います。

とまぁ、こんなゆるさなんですよねぇ。