2014-03-28 01:42 | カテゴリ:ブログつれづれ

なんでブログの更新意欲がなくなるのか考えてみました。

てきとうにですけど。


・ゴールがない

・みんなめんどいと言っている

・他にやりたいことがある

・キーボードを叩くのがめんどう

・頭がうまく働かない

・疲れている

・根本的につまらない


こんな感じかなぁって思います。

ただ、なんかちょっと違うような気がします。


実際サイトの更新というのは、つまらないようにみえて

実際は結構おもしろいところがあります。


たとえば、ツイッターなんていうのは

楽しいという人も多いでしょうが

結局文字を打ち込んでいるわけで

サイトの更新もにたりよったりなわけです。


そういうところを考えると

・ブーム性

これなんじゃないかと今思ったり。


ただ、なんかちょっと違うと思います。

たとえば、ブログを持ったことがない人が

ブログをやっている人をうらやましく思っていて

でもその人には更新するだけの端末がなかったり

ネット環境がなかったとします。


そういう人が、ブログを更新できる環境ができると

はじめのうちはすごく楽しいと思うんです。

だから、そういう点では

・ネットの環境やサイト更新の環境が整いすぎている

これもあるのかもしれません。

いま思ったんですけど。


ただ、前からずっと思っていたんですけど

サイトの更新以上によいことってそんなにないですよ。

逆にサイトの更新以上に悪いことっていうのも特にない気がしますけど。

結局人間自由ですし、サイトの更新というのは

自由ですから、そういうところも更新がめんどくなる理由なのかもしれませんね。

・更新は自由だから

うーん、とまぁまとめると

・サイトの更新はブームになっていない

・サイトを更新できる環境が整いすぎている

・更新するもしないも自由だから


この3強が、サイトを更新する意欲がなくなる理由なんでしょうね。