2014-10-18 20:31 | カテゴリ:メイプルつれづれ

メイプルストーリーの思い出の続きです。

前回の記事はこちら。

メイプルストーリーの思い出1 基本無料ゲームというのがすごかった


インターネットが家にない時代とまではいかないまでも

インターネットをやっていない家もある時代でした。


で、自分はその当時お金がなかったんですよ。

ゲームセンターでクレーンゲームにはまったりして

1日1000円ぐらい使うこともあったりしました。

で、1ヶ月に1万~3万ぐらい使っていたので

貯金がどんどん減っていって、このままではヤバイと思い

貯金を下ろしてパソコンを購入して、家でインターネットをやることにしました。

クレーンゲーム

それまではパソコンはあったのですが、ネットにはつないでいませんでした。

でもネット初心者というわけではなく、いろいろなところでネットは触っていました。

学校やら、姉の家とかですね。

むしろはじめてインターネットをしたのが学校の人というのは

自分の年齢ぐらいの人では多いのではないでしょうか。

まぁインターネットがでてきたのが、20年前ぐらいかな…

そのぐらいな気がします。


当時はインターネットみたいなものがどういうものなのかの説明があって

とある授業で、その先生が

「ネット通販は不安が多いので、私はアマゾンしか使ったことがありません」

みたいな発言をしているぐらい、ネットが普及していませんでしたね。

むしろアマゾンと聞いたら、熱帯のアマゾンを思い浮かべるのが普通な時代でした。

あ、ネットがでてきた当時の話ですね。


で、ネットが家に来たのは7年ぐらい前かな。

もう結構やっている気がしますけど、まだ7年しか経過していないわけです。

で、当時は家にネットがきたけど、特になにもやることがなく

パソコンをいじらない日もありましたね。


で、そんなときにメイプルストーリーをやりはじめたこともあって

ネット=メイプルストーリー

みたいな感じなところもありました。

メイプルストーリーをやっている人の中には

そういう感じだった人や、今でもそんな感じの人は多いと思います。

そもそもネットはいろいろなことができますけど

別になくてもどうにもなりますからね。


今ではわからないことがあったら、ネットで調べたりしますけど

その当時は

わからないことがあったら、わからないまま放置

みたいな感じでした。


だから、自分が小さいころはネットなんてありませんから

ドラクエ5で

「エスタークを○ターン以内に倒せば仲間になる」

っていう嘘をいう人がいて、それを信じて

その人がいう○ターン以内にエスタークを倒したのに

エスタークが仲間にならずに、その嘘をついていた人に

「仲間にならなかったんだけど、どうなっているのよ!」

みたいなことを問い詰めたら、逆切れして

「あぁ、嘘だよ!」

みたいな感じで、去っていったのは記憶に残っていますね。

いまなら、嘘をついてもネットで調べれば

簡単に事実なのかどうかはだいたいわかりますからね…。


でも、当時はネットがなかったから、嘘をついても

それが嘘とわからず、嘘を本当のことだと思って過ごす人もいたわけです。

で、別にそれでもあまり困らなかったというか

今現在でも、ネットには嘘もおおくありますから

ネットの嘘を信じて生きていたりする人もいるでしょ…。

だから、ネットというのは別になくてもどうにでもなるものなんですよね。

知らないのなら、人間知らないで生きてもいけるわけです。


話がそれましたけど、メイプルをやりはじめた当初は

ネットでやることといったら、検索とかではなくて

メイプルストーリー

でした。


ただ自分はちょっと書く事にもあこがれていたので

ちょっとブログとかかじっていたりしたわけですけど

ブログとかは、どういうスタンスでやればいいのかよくわからず

放置することもあれば、1記事100文字ぐらいで終わることもあったりしました。


だから、メイプルストーリーとかやったときは

そのブログとかも、結構適当だった気がします。

このブログとかも適当というか、ブログに正解なんてありませんからね。


でも、自分がネットをつないだ理由というのは

ネットというのは、自分をアピールする場になると思っていました。

だから、ブログであったり、オンラインゲームという

プレイヤーが沢山いるメイプルストーリーというゲームに興味をもったりもしたのだと思います。


いろいろと記憶が曖昧なので、つじつまがあっていないところもあるかもしれませんが

そんな感じで、今回はここらへんでやめておきます。

続きます。